FC2ブログ

記事一覧

あの川のシーバス



前回の続き


キャンプの時の豪雨。


散々な目に遭ってびしょ濡れで午前には帰宅。


が、天気予報によれば昼から晴れ予報。


これは釣りに行けるな。。



そして午後、予報通り雨が上がりリバー調査開始。


が、目を付けていたポイントは増水濁流。


そりゃそうか…該当河川の源流域にいて、散々雨に打たれたんだもんな…。


と1つの格言を思い出す。


私が中学生の頃から活躍していた、御大の言葉。


…よし、行こう!


メンバーと合流し、ポイントへ。


これがドンピシャの良い雰囲気!!


本流筋と流れが弱まってるところがクッキリ分かれてるし、その弱流域は水が生きてる!


これは釣れる!!


ちょっと面倒くさい気持ちでココまで来たけど、高まる期待。


パイロットルアーはコアマンのPB-20



1投目。本流の流れ方を確認。


2投目ではその流れに乗せて、ゆっくりフォールさせながらドリフトさせる作戦にしよう。


そして2投目をキャスト!


着水より少し後に付近でデカ目のボイル!!


いる!!


このポイントで間違いなかったー!


と思った次の瞬間、ググーーっとアタリが!!


そしてお決まりのエラ洗い!!シーバスだ!!


MSS-972TRなので少し柔目のタックルに加えてPB20なのでフックが#10。


だが即本流から引き剥がさないと、護岸のストラクチャーに擦られてラインブレイクの可能性もある。


ここは全てを信じて、強引に引き剥がす作戦に。


これが功を奏して、なんとか手前へ。


しばらくいなした後、ネットイン。


72の肉厚グッドコンディションシーバス!


IMG_7976.jpg

PB20丸呑み!


その後バイトが多発し外道が釣れるも、ある時間からはノー生命感。


納竿となった。



わずかな地合いをモノにできたのと、御大の言葉を食わず嫌いせず信じて行動して、結果が出て良かった。



IMG_7975.jpg










各SNSはこちら↓


Twitter : @echigofisherman
Instagram : @echigo.fisherman




フォローお待ちしてまーす!!

コメント

コメントの投稿

非公開コメント