FC2ブログ

記事一覧

ほとりの遊び場キャンプ場へ



今回は福島県の裏磐梯にある、ほとりの遊び場キャンプ場へ。


予約?とかは受けてないらしく、看板に記載してあった管理人さんへの電話番号にTel。


利用したい旨を伝えると、今日は管理人さんは来れないとのこと。(平日のこんな天気が崩れそうな日に来る人なんていないと思ったのかな汗)


隣のペンションの方に対応して頂く。


管理人さん、ペンションの方の快い対応に感謝しつつフィールドへ。



IMG_7953.jpg




素晴らしい絶景に、貸切のフィールド!文句なし!!


ある要素を除いては....


そう、天気予報は前回同様、夜から雨予報。


プラス今回は風も強い。


なんなら到着時から暴風が吹き荒れている。


写真は穏やかな湖畔に見えますが。。(伝わらないのが残念。。)


ロケーションや雰囲気は浅いキャンプ歴の中では過去最高に良いのに。。


風に煽られながら、なんとか無事にテント設営完了。


IMG_7952.jpg



そして雨前、風が少し弱まったタイミングで、とっとと焼物を平らげてしまおうと焚火開始。


今回は得意のアヒージョに頂き物のトマトをイン。


IMG_7958.jpg



これが美味いのなんの!


そしてこの“ダシ”の効いたオイルに鶏肉を入れて煮込んで食すと、これがまた絶品!(写真失念。。)


テキトーさ加減がまた良い結果になって満足。


スーパーで買ったワインなどもグビグビ。



IMG_7964.jpg



ある程度暗くなってきて、マッタリタイム。。


やはり焚火は良い。


IMG_7966.jpg



日々の疲れがどんどん癒され、精神的疲労が浄化されていくのを感じる。


友人が「キャンプに言葉はいらない」と言っていたが、このことかとしみじみ思う。。



さてそんな有意義な時間を過ごしていたのもつかの間、急に強さを増す風。


そして降り出す雨。


そう、ここからが今回のキャンプの本番である。


翌朝にかけて雨脚が強まる予報だったので、即撤収が出来るように整えて就寝。。。


……


……


……


寝れない。


波のように、一定のリズムを刻んで吹く暴風。


テントを叩いて幕内で増して聞こえる雨音。


なんとか寝入るも、また同じ音で起こされ、テントは揺すられ、感じるのは恐怖。


これはヤバいな。


最悪車内への非難も覚悟しつつ外を見るも、まあイケるかなと再び就寝。


何度かそんな事を繰り返しながら、空が白んで来た頃に起床。


この数時間後に豪雨が来る予報だったので、朝食やコーヒーを飲む時間なんかは省略して、テント撤収作業開始。


初の雨中撤収、いつか来るその為に用意しておいた巨大ビニールが役に立った。。


そしてなんとか豪雨前にキャンプ場を出発し、街へ降りることができた。


振り返ると磐梯山にかかるドス黒い雨雲。。


その時の安堵感といったらもう…ね。笑


ホントなら喜多方ラーメンで朝ラーしたり、温泉に入ったりとしたい事がまだあったが、ドロで自分達も車内もグチャグチャだったので、帰宅を選択。


午前中には家に到着する事ができた。


お気付きかもしれせんが、そんな朝の写真は一切撮ってません。笑


結構ガチで必死でしたのでね。。


修行のようなキャンプに加え、不完全燃焼的な福島旅だったので、もっと天候の良い時にリベンジしたいと誓うのだった。



……そしてそんな過酷なキャンプと早めの帰宅があの釣果に繋がる。。笑



続く。








各SNSはこちら↓


Twitter : @echigofisherman
Instagram : @echigo.fisherman




フォローお待ちしてまーす!!

コメント

コメントの投稿

非公開コメント