FC2ブログ

記事一覧

18ステラor18イグジスト どちらを買うか迷ったら読むブログ




幸運なことに18ステラ、18イグジストを両方手にする事ができました。


SHIMANO、Daiwa、釣具2大メーカーのフラッグシップスピニングリール。


いわば、現時点での最高峰スピニングリール。


値段もそれなり(どころではないですね汗)ですし、買うとなれば清水の舞台から飛び降りる決心で釣具店に向かうと思います。


そんな一大決心をする方の背中を少しでも後押しできたらなという思いで書きます!

ブログ中にも書きましたが、18ステラは3000HGM。


18イグジストはLT4000-CXHというチョイス。


主にシーバスを狙っていますが、両番手とも青物やトラウトなんかにも使える番手といったところでしょうか?


まずはステラから。



今回のステラは14ステラからのマイナーチェンジ感はどうしても拭えない印象ですね。


それだけイグジストの変貌ぶりが凄い!というのが、最初の印象。


(と言っても、15イグジストを使った事がないので、なんとも言えない部分はありますが。)


がしかし、そこはやはりステラ。


質実剛健でありながら、マイクロモジュールギア2の巻ごこちは流石の一言。


拙い言葉でお伝えするとしたら、

「緊密にかつ、ガッシリ巻いてる感が凄い」

というのがしっくりくるでしょうか。


ステラの正当進化、正常進化、これぞステラ!という感じです。


14と18、同番手(3000HGM)で10gの軽量化。全体で見ても5〜15gの軽量化で、重量の変化はほぼ無い感じ(その僅かな軽量化が大変なのは重々承知していますが汗)。


まだ40センチクラスのサクラマス1匹、20センチクラスのソゲとアジの釣果ですが(サクラマスを青物と勘違いして)ゴリ巻きしましたが、全然余裕のファイトも可能。


スピニングリールの最高峰という冠がふさわしいモノに仕上がっていると思います。


続いては18イグジスト。



これはもう未知のリールですね!


よく(?!)比較されがちな16ヴァンキッシュ4000HGを一時期所持していた事があるのですが、巻く力の弱さ、ギアの頼りなさなどを感じてしまい、やはりこういうパワーを必要とする釣りにヴァンキは向かないなという事で、すぐ手放しツインパXDを買い直したという過去があります。


そんな経験から“軽いリール=弱い”という印象があったのですが、メーカーの方の動画にもあった通り、軽いセルテートだと。


強さと軽さを両立させたのが今回の18イグジストというアドバイスを頂いていました。


と言うわけで購入に至ったのですが、コレがもう……


全くの別物!!未知の巻ごこち!!


一言でいうなら

「力強く雲を巻き取るかの如し」

というなんかよく分からない感じになってしまいましたが…新世代のリールと言って良いのではないでしょうか?!


自重も4000番台で驚異の205g!!


軽さゆえのトゥイッチやジャークなどのロッドアクションも容易に可能!


そしてLT4000-CXHはひと巻き99センチと、巻き取りの多さはもちろん、ヒットゾーンや飛距離の計測が容易に想像できるというのも大きな魅力。


メーカーの方は分かりやすく、軽いセルテートと言っていましたが、使用感は全くの別物!


期待を良い意味で裏切られると思いますよ!
……


と言うわけで、18イグジスト優位っぽい記事になりそうですが、両リールを選ぶ際のポイントとしては


18ステラ 質実剛健。絶対に裏切らない。みんなが知るスピニングリールの最高峰。ゴリ巻きや激流河川、磯などパワーを重視する釣りに向く。信頼のギア屋SHIMANOのフラッグシップモデルは間違いなし!



18イグジスト 未知の巻ごこち。軽さと強さの融合は今までのスピニングリールが過去の物になってしまいます。15までの繊細な釣りはもちろん大場所での釣りも全然期待できるものになっていると思います!


という感じですね。


あとは実際に魚とのやり取りを重ねたり、1年2年と使い倒していく中での、摩耗具合などを見ていけたらなと思っています。


もちろんロッドとの相性もありますからね。


その辺も加味した上で選択して貰えればなと思います。

 
是非みなさんも最高峰スピニングリールを手にして見て下さい!!


またインプレ書きます!


ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ


コメント

コメントの投稿

非公開コメント